フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

3階外通路幅木モルタル刷毛引き仕上げ

Img_13201
コンクリート打設時に外幅木中央部分がよがんでいました(^_^;)。左官屋さんにはつってもらい、何とかまっすぐに・・・外幅木モルタル刷毛引き仕上げして貰いました。申し訳ありません(笑

)
Img_13221
屋外螺旋階段の踏み面、モルタルを塗って頂いて、どうにか昇りやすく、音もしなくなりました。
Img_13231
2階リビング吹抜天井は、福州杉板張りも終わり、天窓のロールスクリーンも設置されています。あれ?今日は大工のごっちゃんが久しぶりに・・・。
Img_13261
大工のヨウゾウ君も来て、2階勝手口廻りを納めています。
Img_13271
3階床裏では水道屋さんが水道・雑排水の配管工事をしています。

2016年3月28日 (月)

地下倉庫モルタル塗り

Img_13111

本来であればコンクリート金コテ押さえ仕上げの予定でしたが、コンクリート打設当日、左官屋さんの段取りが付かなかったためモルタル仕上げに変更したところの仕上げです。天井高1400以下に抑えているため、左官屋さんも腰が痛いって・・・(^_^;)
Img_13151
今日も大工さんコザコザっと・・・。配水管を隠したり、ロフトの入口廻りを」納めたり・・・こう言うのって結構時間かかるんです。

2016年3月26日 (土)

樋の色検討

Img_12981
今日は大工さん、別現場の上棟手伝いでお休みです。
樋の色サンプルと外壁・屋根・破風板を見合わせながら樋の色を検討しています。
Img_12971
Img_12961
今日の内部は静かです。
1階内部ステップ鉄骨階段・螺旋階段周囲手摺も取り付きました。
お施主様に内部の様子を伺いながら、内装仕上げ確認しました。ここまで来ると内部のイメージもつかめてきたようです。

2016年3月25日 (金)

今日から左官屋さん、現場に入りました。

Img_33471
1階作業場の様子。まだまだこんなに石膏ボードが積まれています。コンクリート打ち放し部分は左官屋さんがしごき(コンクリート壁金コテ補修)の素地こしらえをしています。
Img_33491
今日は外壁サイディング反対(南側)からの様子。サイディング屋さんは裏側(擁壁斜面)の施工をしています。通路には鉄骨手摺が設置されています。

2016年3月23日 (水)

外部サイディング張り1週間目。

Img_12941
外装サイディング張り1週間目。ブラック・イエローに続き中央のレッド張りが始まり、CCイメージに近くなってきました。いつもの事ながら、そのまんまです(笑)。
Img_12951

今日も大工工事を代表して大工の富高さん。開口枠・見切りの設置等、細々した作業が続いています。まだまだ棚類の設置等、作業は続きます。暫くは3階診療所の作業はお預けです(^_^;)。

2016年3月22日 (火)

春分の日3連休後の様子

Img_12871
外部サイディングは土曜日から天気も良く、3連休の休みの間も職人さん出てきて進んでいます。
Img_12881
材料があまりにも煩雑だったので、棟梁と仕分けしました(^_^;)。発注していないのに何故かこんなに材料が・・・。発注予定材料はリストにして建材商社の中山建材さんに渡していたものの、こんなに一気に持って来て貰っても困ります(^_^;)。出来るだけ無駄が出ない様に調整はしていきますが、多分返品も多く出てくるのでは・・・。発注していないので・・・。電話はしておきました。
Img_12891
大工の富高さんは、先週末から木製建具枠の設置専門要員(^o^)。何やら難しい顔して設置要領書を見ています。

2016年3月18日 (金)

今日は午後からお施主様と家具の打合せ

Photo
昨日建築指導課から連絡有り、午前中、中間検査合格証市役所まで取りに行ってきました。先週末から検討していた家具図もできあがり、天気予報通りあいにくの雨でしたが、お施主様と家具の打合せをしました。
1
2
予算取りはしていましたが、材料等工事中に最終決定する物も多く、特に家具は工事進行中じゃないとお施主様もわかりづらいため、大工さんのタイミングも見計らって具体的に現場で高さ等確認した方がよくわかります。現場監理・・・まだまだ設計は続きます(^_^)v。図面は既に施工図チェック・ディテール含め、100枚超えています(^_^;)。
Img_12431
水道屋さんキッチン下の配管。今回採用したトーヨーキッチンハはキッチン下がオープンになるため、水道配管・電気配管も、少々気を遣います。
Img_12441
2階は石膏ボード張りも終盤を迎えていますが、まだまだ材料が一杯(^_^;)。省令準耐火仕様に付き、杉羽目板仕上げも、石膏ボードの上から張っていきます。

2016年3月17日 (木)

外壁サイディング張り2日目

Img_12371
外壁サイディング張り2日目の今日は、1階部分の施工です。今日はこんなに天気良いのですが、明日の天気予報は雨模様・・・。
Img_12361
1~2階の階段が取り付き、現場の移動もし易くなりました(^_^)v。中2階のロフトへは、階段踊り場からつながります。
Img_12391
1階天井石膏ボード張りが進んでいます。大工さんはこの天井石膏ボード(強化石膏ボード)を白い石膏ボードと呼びます(^_^;)。省令準耐火仕様に付き、12m/m厚の強化石膏ボードでロフト内部も天井部分は耐火被覆します。
Img_12351
2階は床のフローリング張りが始まってます。2階はウッドワンピノアース浮造り・・・足触りの良い無垢のフロアを採用しています。

2016年3月16日 (水)

外装工事~外壁サイディング張り始めました。

Img_12251
まずは3階から、外装工事~サイディング張り始まりました。
Img_12301
1階は安部棟梁が踊り場から2階の階段の組立中です。
Img_12311
中央2階部分の窓、下げて貰いました。手戻り申し訳ありませんm(_ _)m
Img_12321
2階は床を張る前に、床の仕上げ材料が変わる床見切り(敷居)が入る建具を先に設置しています。

2016年3月14日 (月)

内部階段設置

Img_12231
大工さん、今日は内部階段の設置です。「内部階段の寸法が合わんのじゃけど・・・」図面確認・・・蹴上げ193踏み面200の15段・・・?蹴上げ寸法を測って貰う・・・。「200有るでー・・・」。1段7m/m違うと15段で105m/m・・・合う訳無い・・・。階段プレカットしたウッドワンに確認「間違えちょんごたん・・・」。いえいえ・・・大工さんの間違えでした(^_^;)。蹴上げ方向と、踏み面方向を間違えているようでした(^_^;。ベテランの大工さんでもこう言う事有ります(^_^;)。思い込みには注意しましょう。・・・と、棟梁に(^o^)。
Img_12241
先週、金曜日に西側中央部の丸窓設置・・・高さの調整して貰いました。今日は2階の四角い窓高さ。開閉操作に都合悪かったのと外観バランスを考慮して、先週お施主様と確認の上、70cm下げて貰う様に大工さんにお願いしました。何か毎日・・・色々と有ります(^_^;)。

2016年3月11日 (金)

1~2階は内部天井下地、3階は内装壁ボードまだまだ大工さんの仕事一杯(^_^;)

Img_11651

3階では大工の富高さん、ごっちゃんが、外壁内部壁面の断熱材挿入と石膏ボード張りに集中・・・天井高、吹き抜けている部分4m近く有るので、結構大変です。
Img_11661

2階、天窓有るだけでかなり明るいです。天窓にはロールスクリーンが付くのですが、その枠の納まりで、2階担当、大工の大平さん、ちょっと頭をひねっていました(^_^;)。納まりを一緒に考えました。
Img_11691
1階担当は棟梁の安部さん。天井下地組もほぼ終わって、来週からは階段設置です。写真中央はウッドワンのプレカット階段のささら桁です。

2016年3月 9日 (水)

給排水工事、大工さんと壁下地補強の打合せ。

Img_11591
トイレ等水回りには、石膏ボードを張る前に、棚・タオル掛け・鏡等、壁面設置の衛生器具小物等取付面に、ラワン合板等で、ビス留め用の下地補強が必要です。その他、エアコン・キッチン廻り等、設備絡みがほとんどですが、手摺や棚設置部分にも、石膏簿ウードの裏側に下地補強を施しておきます。
Img_11611
昨日辺ちゃんが、外壁R見切り板金(お魚??って言ってた(笑)・・・丸窓が付いたらそう見えるのかなぁ?)取り付けたと言っていたので、夕方確認しました。

あれ?何で見切りがサッシに掛かっているんだろう?どうも大工さんがサッシの高さ、11cm程、間違って高く取り付けているようです(^_^;)。暫くの間考え込み、大工さんに言って、サッシを設計図面通りの位置に下げるか?板金を辺ちゃんに言って上げて貰うか?窓の操作、全体バランス・納まり等、そして施工した大工さん・板金屋さんそれぞれの意見を聞いて検討し、お施主様にも確認して、板金屋の辺ちゃんに11cm見切りを上げて貰う様にお願いしました。辺ちゃんは図面指示通りやってくれたので何の問題も無かったのですが、ゴメンねm(_ _)m

2016年3月 8日 (火)

内装工事、本格的に始まり、壁断熱材挿入と石膏ボード張り

Img_11061

中間検査も終わり、本格的に内装工事・・・と言っても、一週間ほど前から一部、雨に支障ないところから壁断熱材の挿入及び石膏ボード張り掛かってました(^_^;)。外壁の壁紙が終われば大工さんも早く壁断熱材の挿入と石膏ボード張りも始めたいのが山々です。
2階では茶の間・LDK吹抜登り天井の下地組みをしています。
Img_11141
1階も天井下地組みの段取りで、床面が綺麗に掃除されています。

2016年3月 7日 (月)

大分市役所中間検査

Img_10781

今日は15時30分から市役所の中間検査。市役所の建築指導課から意匠担当、構造担当の二人検査に来ました。私ももっと早く中間圏再来持って行ってれば良かったのですが、検査の予約をしたのが2月29日、1~2階部分、工事がちょっと進みすぎているヶ所(断熱材挿入・石膏ボード張り等内装工事)があり、迷惑かけました(^_^;)。この段階では主として構造関連と建物位置のチェックです。
Img_10811
確認申請図面と照らし合わせ、筋違いの位置、構造金物の位置を入念にチェックして頂きました。勿論、事前にチェックしているので何ら不備は無いのですが、第三者チェックして貰うことによって、万が一の抜けが有れば是正出来るので有りがたく思っています。「必要有ればこちらが悪いのでボード剥がしますよ。」と伝えました。しかし、まだ外壁を貼ってなかったので、透湿防水シート及び断熱材を捲りながら何とかチェック出来ました。書類チェックも、工事写真、各種検査結果報告書(生コンの配合計画書及び圧縮試験・鉄筋の圧接試験・鉄骨の作業報告書)、ミルシート(鉄筋・鉄骨の品質・仕入れルートが解る出荷証明書)準備していましたが、鉄工所の認定書・指定書と写真が工程写真しか準備していなかった(全ての写真を準備するとこの時点でも1000枚は超えている)ので、鉄筋・金物等、もっと詳しい写真の提出を求められましたので、後日持参します(^_^;)。

2016年3月 5日 (土)

外壁紙張り(透湿防水シート)第二弾

Img_10731
建材商社販売店の中山建材の浦田君。今日は2階床フロアー、ウッドワンピノアース浮造りの配達です。3日に1回程度の割合で、断熱材やら石膏ボードやら、新建材を運んできてくれます。トラックの荷台に積むまではフォークリフトやら、ある程度機械に頼れるところもありますが、部屋の中、大工さんが指示する場所までの運搬は肉体運搬(^^;)。材料も重たいし、傷も付けられない。数もあるのでかなり大変な作業です。断熱材50本やら、石膏ボード100枚やら・・・。
Img_10741
外壁サイディング下地の透湿防水シート張り。この外壁紙張りは、米国ディポン社が開発したタイベックシートが原形で、通称タイベックシートと言う名称になっています。建設機械のバックホーを通称ユンボと言うのと同じで、商品名が通称となっているものも珍しくは有りません。仕様で決められた重ね幅を取って施工し、この時点でほぼ外壁からの雨水の浸入を防御しなければならないので、念入りな作業が必要です。以前はアスファルトフェルト・・・黒いシートを使用していたのですが、破れやすく、シートを止めるタッカーの穴も広がり、壁の中に雨水が浸入した時には黒い汁を出すので、最近では使用されなくなってきました。
Img_10761
透湿防水シートをほぼ貼り終えた全景です。屋根も仕上がり、これで室内への雨水浸入も大丈夫、安心です。風当たりも強い崖の上、大工さんも寒さで震え上がって作業していたのも妨げられます。

2016年3月 4日 (金)

ハウスジーメン瑕疵担保駆体検査と各業者現場打合せ

Img_10421

今日は朝9:00から夕方まで、現場に着きっきり・・・。電気屋のケイ電工、後藤さんとの打合せ器具の位置確認に始まり・・・
Img_10431
10時からハウスジーメン瑕疵担保責任駆体検査。瑕疵担保内容の部位、前もって構造及び防水チェックしていたので自信持って大丈夫と思いきや、筋違いが抜けている???「え!!」図面確認したところ、確かに抜けていましたが、大工さんに、直ぐその場で取り付けて貰いました(^_^;)。ハウスジーメンの検査員、空設計の久保田さん。有り難うございます。大事な部位、2重3重のチェックは有り難いです。
Img_10481
1階では大工棟梁の安部さんと打合せ。ロフト天井下地の野地組をしています。
Img_10571
2階では大工の大平さんと打合せ。2階天井下地・下がり壁の下地組をしています。
Img_10451
3階では大工の富隆さんと打合せ。通路部分の天井下地・手摺壁・下がり壁の下地組をしています。写真は指名手配受けているので・・・(笑)今度アップします。
Img_10541
大工の後藤さんは細々した仕事を、棟梁から指示受けて、やってます。建築廃材の石膏ボード類を袋に仕分け中・・・。
Img_10521
そして、足場のダイサンさん。朝、職長の小野さんと打合せ、午後から段取りして、外部仕上げサイディング施工に必要な、外部足場の最終調整して頂きました。
その他、鉄工所の南興、室岡さんと鋼製手摺関連の打合せ。木材、日田の製材所から、坂本製材所さん注文分配達。建材商社の中山建材、ウッドワン製品の配達に来た浦田君に石膏ボードと断熱材の発注。夕方にはその上司の小石さん・・・この2~3日の配達遅延を気に掛けて、大工さんに栄養ドリンクの差し入れ(笑)。今になって今年度末、ロックウール断熱材、床針葉樹構造用合板ァ24下地等、品不足になっているようです・・・(-_-)。本現場の分はキープしているので安心です。
今日の現場は何だか慌ただしく、一日が過ぎていきました。皆様お疲れ様です。

2016年3月 3日 (木)

外壁、透湿防水シート張り・・・サイディング下地

Img_10371
今日は静か・・・。」あれ?大工さんが居ない・・・。昼過ぎまでは電話で話したのですが・・・。そう言えば、材料が来んけん帰るで!っと、言ってたような(^_^;)。その後、電話してもつながりません・・・(-_-)。材料屋さん、一昨日から言ってた材料持ってこない・・・。私もちょっとイライラしていたところです。明日は私も9時過ぎから居るので、必ず持ってくる様に電話しました。

建材屋の担当者・・・ちょっと忙しすぎるのでは?と言って言い訳にはならないので・・・。
Img_10401
今日から外壁、紙張り(透湿防水シート・・・メーカー品の通称でタイベックシートと呼ぶ場合も多いです。)が始まりました。所々、足場の都合で出来ないところもあり、明日の午前中に足場屋さんと調整します。

2016年3月 1日 (火)

バルコニーFRP防水

Img_10251
早くも3月。現場もだいぶ出来上がって、間取りも解る様になってきました。
何やらマスクをした怪しい人影が・・・二人(笑)。当社アヴニール設計の成瀬と、お客様です。現場を見て頂きました。

Img_10291
3階バルコニーのFRP防水施工中です。ガラス繊維を敷き詰めて、その上を樹脂で固める方式の防水です。いわゆる強化プラスチックで覆ってしまう、船舶や水槽で普及した防水工法で、木造住宅のバルコニー防水でよく使用されます。1層・2層・3層と、層を重ねるほど強度も増してきますが、通常住宅では2層(ツープライ)を標準としています。最後にトップコート、塗膜防水を施し着色します。防水工事は、施工業者の責任施工という名で、しっかりした研修・技術・材料の元、10年保証が義務付けられています。
手前には先日打合せで追加した、段差解消のステップが施されています。FRP防水は、これら、一体としてシームレスに施工出来るのが特徴で、万が一不具合が起こっても、その場所が容易に発見出来るのがメリットです。
Img_10301
一昨日、天気は良かったのですが、風が強かったため延期していた3階の屋根を葺いています。今日も辺ちゃん(*^^)v。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »